• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 18176
  • 公開日時 : 2024/02/14 14:30
  • 印刷

[ニコニ・コモンズ]登録者向けガイドライン

回答

■ライセンスの登録

ライセンスを登録する方法

ニコニ・コモンズへのライセンス登録は以下の3つの方法があります。
  • ニコニ・コモンズ・サーバに利用者がダウンロードできるファイル(DL画像・DL音声・DL動画)をアップロードし、そのライセンスを登録する
  • ニコニコに投稿した作品(ニコニコ動画、ニコニコ静画等)のライセンスを登録する
  • ニコニコに投稿してない作品のライセンスを登録する

ニコニ・コモンズにライセンスを登録するにあたっては、ニコニ・コモンズ利用規約および本ガイドラインに同意いただく必要があります。
 

登録できるライセンスについて

原則として、登録者自身が製作したオリジナル作品のライセンスを登録することができます。ただし、利用条件の設定も含めて権利処理が完全におこなわれたものであれば、他人が権利を保有する作品もしくはそれを一部含んだ作品のライセンスの登録もできます。
 

■利用条件の設定

利用条件の設定方法

ニコニ・コモンズに作品のライセンスを登録する際、利用条件を設定する必要があります。
登録者は、設定した利用条件に従って、第三者がその作品を利用することを承諾するものとします。利用者は、利用条件に同意したうえでライセンス登録された作品を利用することになります。

利用条件の設定方法には以下の2つの方法があります。
  1. 1.あらかじめ用意された選択肢から条件を選ぶ
  2. 2.独自に定める条件を記載する

1.あらかじめ用意された選択肢から条件を選ぶ

あらかじめ用意された選択肢の内容をよく確認し、どのように作品を第三者に利用して欲しいかを検討したうえで、適切な利用条件を選択してください。
 

2.「独自に定める条件」を記載する

独自に定める条件を自由文で記載することができます。また、説明文にも条件を記載することができます。(「独自に定める条件」への記載を推奨)

1.と2.で設定された条件が相反している場合には、
利用者は2.で設定された条件を優先して、ライセンス登録作品を利用します。
利用条件がわかりづらくなるため、運営として推奨はしませんが、1.の選択肢のみだと不備がある場合は、2.で補足を書き加えてください。
 

あらかじめ用意された選択肢 詳細

利用条件登録に際して、あらかじめ用意された選択肢は以下の通りです。
 
  • 利用許可範囲
    • どこでも
    • インターネット全般
    • ニコニコ関連サービスのみ

  • ニコニコ投稿時の親子登録
    • 任意
    • 必須
  • 権利表記
    • 任意
    • 必須
      (別途、希望する権利表記を設定することも可能です)
  • ニコニコやYouTube等での収益化
    • 個人:OK 要連絡 NG
    • 法人:OK 要連絡 NG
  • 営利利用
    • 個人:OK 要連絡 NG
    • 法人:OK 要連絡 NG
 

各項目の詳細

 

■利用条件の変更

登録者は設定した利用条件を後から変更することができます。
利用条件変更の効果は、原則として変更後の公開に対してのみ及び、変更前の公開に対しては及びません。ここでいう「公開」とは、利用者が派生作品(ライセンス登録作品を利用した作品)を公表することを指します。具体的には以下の事項が該当します。
 
  • 派生作品をサイトなどで公表、投稿するとき
  • 既に公表済みの派生作品を、別サイトなどに公表、再投稿するとき
  • 既に公表済みの派生作品を、一部修正してサイトなどに公表、投稿するとき

登録者は利用条件を後から変更することができますが、登録者が利用条件を変更することで、利用者の不利益や混乱を招く場合があることを十分考慮したうえで、適切に利用条件の変更をおこなってください。
 

■ライセンスの終了

ライセンスを削除した場合、そのライセンスが終了したことになります。終了の効果は、利用条件の変更と同様に、原則として終了後に公開する派生作品(ライセンス登録作品を利用した作品)に対してのみ及び、終了前に既に公開されていた派生作品に対しては及びません。
 

■禁止事項

公序良俗に反する作品のライセンスを登録しないこと

ニコニ・コモンズに公序良俗に反する作品のライセンスを登録してはいけません。
ニコニ・コモンズ事務局は、公序良俗に反する作品のライセンスを監視し、発見した場合はそのライセンスを削除します。また、他の利用者からの通報があった場合は、そのライセンスの内容を確認し削除等の対応をおこないます。削除されたライセンスの登録者には、その旨の通知をおこないます。
 

個人情報が含まれる作品のライセンスを登録しないこと

ニコニ・コモンズに個人情報が含まれる作品のライセンスを登録してはいけません。
一旦ニコニ・コモンズに登録されたライセンスは多くの人によって利用され、流通することになります。住所や電話番号などの個人情報が作品に含まれていると、後から問題が生じても対処することが困難になる場合があります。

他人の個人情報等を含む作品はもちろんですが、登録者自身の個人情報等が含まれている作品についても、不用意にライセンス登録しないようにしてください。
 

権利侵害作品のライセンスを登録しないこと

ニコニ・コモンズに権利侵害作品のライセンスを登録してはいけません。
権利侵害作品のライセンスは、正当な権利者からの申請に基づき削除します。ニコニ・コモンズ事務局は、権利者からの申請を受付け、侵害を確認した場合はライセンスを一時的に非公開にしたうえで、ライセンス登録者にその旨の通知をおこないます。

一定期間内に、登録者から削除申請について有効な異議申し立てがなかった場合、そのライセンスを削除し、申請者および登録者にその旨通知をおこないます。有効な異議申し立てがあった場合は、運営会社はその内容を確認し、最終的な処分を決定したうえで、申請者および登録者にその旨通知をおこないます。

ライセンス登録したい作品の中に第三者が権利を有する要素が含まれている場合、登録者は以下の二点に関して、権利者から許諾を取る必要があります。
  • DL画像、DL音声、DL動画の場合、ニコニ・コモンズ・サーバにファイルを登録し、利用者に直接ダウンロードさせること
  • 設定された利用条件に従い、その作品を利用させること
作品に含まれる全ての要素について、許諾をとる必要があります。例えば、既存の音声・ゲーム画像・動画・アニメーションなどを編集・合成し、再構成した場合には、それらの全ての要素について権利者から許諾を取ってください。

これらの権利処理がされていることを、登録者が明確に証明できない場合、権利侵害をしているものとしてライセンスが削除されることがあります。

これらの権利処理を正しくおこなっていない場合、登録者が登録したライセンスについて問題が発生することがあります。また、一旦ライセンスを登録すると、第三者が設定された利用条件に従ってその作品を利用することになり、登録者自身だけではなく、その作品を利用した第三者にも問題が発生することがあります。その際は、第三者に対しての権利行使、第三者からの権利行使など、第三者との間で発生する全ての紛争処理について、登録者が全て自己の責任と負担によりこれを処理する必要があります。
 

どのような権利があるか

こちらをご覧ください
 

■その他の留意事項

ニコニ・コモンズでライセンス登録した著作物をYoutubeコンテンツID機能にも登録する場合、ニコニ・コモンズ上での利用許可範囲の設定に留意が必要となります。
詳しくはこちらをご覧ください
問い合わせ時ログイン不要
不要

【アンケート】このヘルプは役に立ちましたか?

ヘルプがお役に立てなかった理由などを入力する欄です。なお、いただいたアンケートへの返信は行っておりません。
※この入力欄はお問い合わせ画面ではありません。サポート窓口から返答が必要なお問い合わせは、画面下部「サポートに問い合わせる」のボタンからご連絡ください。
こちらはお問い合わせフォームではありません。個人情報は入力しないようお願いします。
お問い合わせはこちらのページをご参照ください。( https://qa.nicovideo.jp/faq/show/76?site_domain=default )