ニコニコヘルプ

ヘルプやお知らせ等で解決しない場合、
各ヘルプ内の「サポートに問い合わせる」からサポート窓口へご連絡ください。

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 672
  • 公開日時 : 2018/10/01 17:00
  • 印刷

Niconico Live Encoderの詳細設定方法

Niconico Live Encoderの詳細設定方法
カテゴリー : 

回答

Niconico Live Encoderは11/30でサポートを終了し、ご利用いただけなくなります。今後は高機能配信ソフトウェアN Airをご利用ください。
 
Niconico Live Encoderの使い方 / 推奨環境 / 注意事項は、Niconico Live Encoderをご覧ください。
Niconico Live Encoderの詳細設定で、下記を設定できます。
 

詳細設定


詳細設定画面1
 
  1. 一般設定
     
    • 起動中にAeroをOFFにしない
      チェック時にAeroをOFFにしないようにします。
      ONの際、システムリソースの使用量が増えたり、画面キャプチャがスムーズに行えない恐れがあります。

    • 起動時に自動的にログインする
      アプリケーション起動時に自動ログインを行います。

  2. 配信設定
    ビットレート設定を変更することで音質重視か、画質重視を調整できます。品質ビットレートをカスタムに設定するとビットレート上限値を変更することができます。

    ビットレート上限値を変更

  3. エンコード設定
    画質より低遅延さを優先する / CPU能力が高いため、より高画質にするなどの配信内容や機材スペックに併せたエンコード設定を指定できます。

  4. 録画
    指定したフォルダに配信中の映像を保存することができます。
    録画形式はmp4形式です。

    コマ数変更など、一時的に配信がとまる設定変更を行った場合、録画ファイルも分割されます。
 

映像ソース詳細設定:色設定


詳細設定画面2
映像ソース設定のカラータブは色味の調整と、クロマキー合成の設定ができます。
 
  1. ピクチャー
    下記項目で色味や背景色を設定できます。
    • 明るさ / 色合い
    • コントラスト / 鮮やかさ
    • ガンマ / 背景色

  2. クロマキー合成
    指定した色を透過させる機能で、チェックボックスで有効 / 無効を選択できます。

    透過させる色は彩度方式とRGB方式を指定できます(ii)。

    彩度方式の場合は、色相と鮮やかさ(iv / v)。
    RGB指定の場合は赤・緑・青(vi / vii / viii)で色を指定できます。
    スポイト(i)で画面上の色を指定することもできます。
 

映像ソース詳細設定:ポジション


詳細設定画面3
映像ソース設定のポジションタブは映像ソースの位置調整 / 3D回転 / トリミングなどを設定できます。
 
  1. 位置
    ステージ上の位置を指定できます。

  2. 3D
    映像ソースを3D回転させることができます。
    ステージ上の映像ソースをShiftを押しながらドラッグすることで指定もできます。

  3. トリミング
    映像ソースのトリミング指定を行えます。

    Webカメラのみ、ステージのアスペクト比に合うよう、上下トリミング値が自動指定されます。
 

映像ソース詳細設定:カメラ


詳細設定画面4

Webカメラの映像ソース設定ダイアログを開いた場合、カメラの設定ができます。

Direct Show設定ボタンでは、カメラデバイスに応じた詳細設定や強制デインターレースのON / OFFが設定できます。

設定項目はデバイス毎やメーカー毎に異なります。
 

映像ソース詳細設定:スクリーンキャプチャ


詳細設定画面5

スクリーンキャプチャの映像ソース設定ダイアログを開いた場合、スクリーンキャプチャの設定ができます。
 
  1. エリア
    現在のキャプチャ領域を表示しており、変更はできません。

  2. スクリーンキャプチャ設定
    キャプチャー設定を行います。
     
    • レイヤーウィンドウをキャプチャ
      ONの際、デスクトップマスコットアプリケーションや透明な時計などの特殊な形状をしたアプリケーションで採用される「レイヤードウィンドウ」もキャプチャーします。
      有効にするとマウスが点滅します。

    • 静止画に最適化
      ONの際、画面が更新されたかどうかの判定をシステムに委託することでCPU負荷を抑えます。動画再生アプリケーションなどで正しくキャプチャーが行えなくなります。

    • テキスト向け高品質リサイズを行う
      ONの際、映像ソースの縦幅横幅がステージと同じ時(全画面)のみ、高品質でリサイズします。
      ギザギザ感が軽減され、テキストなどが読みやすくなりますが、よりCPUを消費します。

    • マウスを表示 / マウスクリックを表示
      ONの際、マウスカーソルもキャプチャします。
      マウスクリックを表示がONの時は、クリック時にカーソルが点滅します。
 

映像ソース詳細設定:動画ファイル


詳細設定画面6
動画の映像ソース設定ダイアログを開いた場合、動画再生の設定ができます。
 
  1. 現在の再生時間 / 動画尺が表示されます。

  2. 再生 / シーク / 停止 / 音量変更が行えます。

  3. 再生開始時間と、終了時間をセットすることができます。
    下記(4)の終了時の動作と組みあわせ、一定期間ループ再生するといった使い方が可能です。

  4. 下記3パターンより、再生終了時の動作を選択できます。
    Nothing:何もしない
    Rewind:先頭に巻き戻す
    Loop:ループ

  5. インターレースを強制解除します。
問い合わせ時ログイン不要 : 
不要

▼こちらのヘルプは役に立ちましたか?