ニコニコヘルプ

ヘルプやお知らせ等で解決しない場合、
各ヘルプ内の「サポートに問い合わせる」からサポート窓口へご連絡ください。

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 11856
  • 公開日時 : 2018/07/27 15:07
  • 更新日時 : 2018/11/09 19:06
  • 印刷

初めてN Airを使って配信する

初めてN Airを使って配信する
カテゴリー : 

回答

 
  1. 配信する
  2. 目的別オススメの配信例
  3. その他の機能を知りたい

配信する

ニコニコ生放送で配信する場合、ログインした状態で、設定の「一般」タブ内にある「配信設定をニコニコ生放送に最適化する」にチェックを入れると、番組作成時の画質設定に応じて自動的に最適な配信品質で配信されます。
 
N Airヘルプ17
自分で配信品質に関する設定をカスタマイズしたい場合は以下をご参考ください。
 

▼ビットレートの設定

「設定」⇒「出力」を選択し、ビットレートの値を設定します。

N Airヘルプ1
 

推奨設定(ビットレート)

  • 720p配信:映像ビットレート・音声ビットレートの合計値が最大6000kbps
  • 720p配信以外:映像ビットレート・音声ビットレートの合計値が最大2000kbps
 
  • 例1(720p配信の場合)
    映像ビットレート:5808kbps
    音声ビットレート:192kbps

  • 例2(720p配信以外の場合)
    映像ビットレート:1808kbps
    音声ビットレート:192kbps
 

▼配信映像の解像度の設定

「設定」⇒「映像」を選択し、「配信映像の解像度を設定」を選択します。

N Airヘルプ2
 

推奨設定(解像度)

  • 720p配信の場合は「HD配信用(1280×720)」を推奨します。
  • 720p配信以外の場合は「通常配信用(800×450)」を推奨します。
 

▼フレームレートの設定

「設定」⇒「映像」画面から配信映像のフレームレートを指定します。

N Airヘルプ3
 

推奨設定(フレームレート)

  • 30FPSの設定を推奨します。

N Airの配信を便利にする機能を使って、配信画面を編集します。

ここでは、配信でよく使うと考えられる「ソース」「シーン」「ミキサー」について説明していきます。
より高度な編集について知りたい方はこちらを参考にしてください。

N Airヘルプ4
 

▼ソース

配信画面を構成する要素のことです。
内部カメラの映像や画像、テキストなどを挿入することができます。

N Airヘルプ5

N Airヘルプ6
 

▼シーン

配信画面に映る画面の1つを「シーン」と呼びます。
複数のシーンを用意して配信中に切り替えることも可能です。

N Airヘルプ7
 

▼音声の調整(ミキサー)

配信中される音声は「ミキサー」で調整します。マイクやデスクトップなど、デバイスごとに音量や遅延などの調整をすることが可能です。

N Airヘルプ8
 

  1. 画面右下の「配信開始」を選択してください。

    N Airヘルプ9

  2. ニコニコ生放送の配信画面の「番組開始」を選択してください。

    N Airヘルプ10

  3. 「OFF AIR」が「ON AIR」になると番組が配信されています。

    N Airヘルプ11

  1. 配信を終了する場合はミキサーの下の「配信終了」を選択してください。

    N Airヘルプ12

  2. ニコニコ生放送の配信画面の「番組終了」を選択してください。

    N Airヘルプ13

目的別オススメの配信例

人気の配信方法の例を紹介します。
※紹介する方法は一例です。
※配信するコンテンツやツールによっては以下の方法が適用できない場合もあります。


PCゲームキャプチャソースを使うと、N Airが読み込んだPCゲームの画面を配信画面に映すことができます。
※全てのPCゲームに対応しているとは限りません。

N Airヘルプ14

映像キャプチャソースを使うと、カメラの映像を配信することができます。これを活用することによって、雑談などの顔出し配信をすることもできます。

N Airヘルプ15
※PC内蔵または外部接続のカメラやマイク等が必要になります。

ウィンドウキャプチャソースを使うと、指定したウィンドウを配信画面に表示させる操作が可能となります。イラスト作成ソフトを指定のウィンドウとして選択することで、イラストを描いている様子を配信することができます。

N Airヘルプ16

その他の機能を知りたい

N Airにはこのページで紹介した以外にも、様々な機能が搭載されています。
便利な機能を使いこなすことでさらに幅広い配信が実現可能となります。

こちらの説明ページを参照してください。
問い合わせ時ログイン不要 : 
不要

▼こちらのヘルプは役に立ちましたか?