ニコニコヘルプ

ヘルプやお知らせ等で解決しない場合、
各ヘルプ内の「サポートに問い合わせる」からサポート窓口へご連絡ください。

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 677
  • 公開日時 : 2017/03/29 14:30
  • 更新日時 : 2017/09/19 16:45
  • 印刷

Niconico Live Encoderで高画質配信する

Niconico Live Encoderで高画質配信する
カテゴリー : 

回答

■生放送配信までの手順

▼新配信の場合

  1. 「外部ツール配信に切り替える」ボタンから外部ツール配信に切り替えてください。
    ※HTML5版では「ブラウザ配信」に対応していないため、切り替えボタンがありません。

    外部ツール配信に切り替

  2. 下記のメニューから、NLEのダウンロードと起動を行うことができます。
    NLEではURL、Streamは自動的に設定されるため、手動で設定する必要はありません。

    NLEのダウンロードと起動

  3. 配信映像が表示されていることを確認できたら、「番組開始」ボタンを押して番組を開始してください
 

▼通常配信の場合

  1. Niconico Live Encoderをダウンロード後、放送するページで番組を作成する

    配信ツール

  2. 番組作成を行うと下記ページが表示されるため、「外部ツール配信」をクリック

    「外部ツール配信」をクリック

  3. Niconico Live Encoderを起動する
    画面上のアプリ起動ボタンからも起動できます。

    画像の説明

  4. Niconico Live Encoderの設定をおこなう
    • 事前にテストが必要な場合は「テスト配信を始める」を選択
    • テストが必要ない場合は「すぐに放送を始める」を選択

■Niconico Live Encoderの使い方

▼基本設定

NLEの使い方
 
  1. ステージ:配信中の映像のプレビューエリア
    • マウスで追加した映像ソースの配置やリサイズをおこなえます。
    • Shiftキーを押しながらドラッグすると3D回転でき、ダブルクリックすると3D回転をリセットできます。
    • 動画ファイルや映像ファイルをこの領域にドラッグ&ドロップすると映像ソースの追加ができます。

  2. 出力設定:配信品質を設定

    [画質]

    1秒あたりのコマ数を設定できます。
    • コマ数を画質重視にすると、動きのなめらかさは損なわれますが、1枚当たりの画質が向上します。
    • コマ数重視にすると、動きがなめらかになりますが、1枚当たりの画質は下がります。配信途中でも変更できますが、数秒ほど配信が停止します。値が表示されている箇所をクリックすると、コマ数を手動指定できます。
     

    [解像度]

    送出解像度/アスペクト比を選択できます。
    解像度を大きくするほど細かな描写ができますが、画質が低下しやすくなります。配信途中で変更できますが、数秒ほど配信が停止します。

    アスペクト比を4:3で配信したい場合は、解像度変更より512×384等の4:3の解像度を選択できます。

    配信途中に変更した場合は、反映させるため、生放送プレーヤーを再読み込みしてください。

  3. 映像設定:Webカメラや動画ファイルなどの、映像ソースを設定
     
    • 追加
      映像ソースを追加できます。
       
      映像ソースの種類 説明
      Webカメラ Webカメラやキャプチャー機器など
      メディアファイル avi / mp4 / mpg / mp3 / aac / jpg / png / gifなどのメディアファイルを追加できます。
      使える動画ファイルや音声ファイルは、システムにインストールされているcodecに依存します。
      音声も配信する場合は、音声キャプチャを有効にする必要があります。
      画面キャプチャ 範囲指定や、Window指定による画面キャプチャです。
      DirectXキャプチャ DirectXまたはOpenGLを利用するアプリケーションを取り込めます。
      アプリケーションを起動して、追加操作をしてください。
      テキスト 任意テキストを表示できます。
      追加した映像ソースを選択すると、▲▼ボタンや削除ボタンで表示優先度変更操作と、削除操作ができます。
      映像ソースを選択すると、背景が青色に変わります。

      映像ソース名左のチェックボックス操作でも、表示非表示を切り替えられます。
      画面キャプチャーなどは、非表示状態でもシステムリソースを消費するためご注意ください。
      映像ソースの詳細設定 下記方法のいずれかで詳細設定メニューを開けます。
      • 映像ソースを選択して設定ボタンを押す
      • 映像ソース一覧上で右クリックする
      • ステージ上の変更したい映像ソースを右クリックする

    • 設定
      各映像ソースの設定を行うことができます。

    • 削除
      各映像ソースを削除できます。

  4. 音声設定
    マイクのデバイス選択と音量設定、および、チェックボックスによる無音 / 無音解除操作ができます。
    いずれも配信中に設定変更できますが、デバイス選択のみ数秒ほど配信が停止します。

  5. スピーカーキャプチャ設定
    他のアプリケーションが鳴らしている音声を取り込めます。
    Windows Vista以降のOSのみ利用できます。

  6. シーン切り替え
    3で設定する映像ソースの設定の一括切り替えがおこなえます。
    右クリックでシーン名を設定できます。

  7. ウインドウ切替
    フルモードとコンパクトモードを切り替えます。

  8. 配信開始 / 停止

▼詳細設定

こちらのヘルプをご確認ください。

■Niconico Live Encoderの推奨環境

■Niconico Live Encoderが対応している拡張子一覧

  • 動画ファイル(avi / mpg / wmv / mp4など)
  • Flashファイル(swf)
  • 静止画ファイル(jpg / png / gif)
再生できる動画ファイルは、システムにインストールされているcodecに依存します。
問い合わせ時ログイン不要 : 
不要

ヘルプは役に立ちましたか?

解決しない場合はサポート窓口へご連絡ください。